カツダ眼鏡院
新潟県南魚沼市六日町2189
TEL:025-772-2047
FAX:025-773-2264
補聴器

商品詳細


リオネット補聴器

image1

image2

規格・商品番号: ポケット式〜オーダーメイドまで お問い合わせください。

価 格:  お問い合わせください。

特 徴:
難聴の種類は、原因になる部位によって、伝音難聴・感音難聴・混合難聴の3種類に分けられます。

● 伝音難聴とは?
外耳道(がいじどう)・鼓膜(こまく)・耳小骨(じしょうこつ)は音を振動で伝える部分(外耳(がいじ)・中耳(ちゅうじ))です。
中耳炎等で鼓膜に穴があいたり、耳小骨の動きが悪くなるなど、外耳や中耳に原因があり、音が伝わりにくい難聴を伝音難聴といいます。

● 感音難聴とは?
中耳からきた音の振動は、蝸牛(かぎゅう)(内耳)で電気信号に変換されて、聴神経、脳へ伝わります。
内耳には周波数ごとに反応する細胞が集まっていて、音の種類を感知するセンサーのような役割をします。そして周波数ごとの音の大きさの情報を聴神経から脳へ伝えます。これらの部位で細胞の働きが弱くなると、音に反応する感度が鈍くなって、大きい音は聴こえますが、小さな音は聴こえにくくなり、それと共に『聴き分ける』ことも難しくなります。
このような難聴を感音難聴といいます。

● 混合難聴とは?
伝音難聴と感音難聴の両方に原因をもつ難聴です。例えば、中耳炎と加齢による難聴が合わさった難聴などです。

メーカー公式サイトはこちらから!